軽量化

銅導体ケーブル比で大幅な軽量化を実現

銅導体CVTケーブルに対し、同一サイズで50%以上の軽量化。
同等電流容量となる1サイズアップでも30%以上の軽量化を実現しています。

軽量化による配線施工効率アップ

銅ケーブルの軽量化により、ケーブルの輸送・搬入・引き込み作業等の省力化や、配線の施工効率向上に貢献します。

質量比較

柔軟性

柔軟性を確保し、施工時の取り回しを容易に

従来CVT(当社製)に対し約3分の1、ぴたっとCVT(くせ付け強化製品)に対し約2分の1の力で曲げることができます。

たわみ試験による柔軟性比較

アルミブランチケーブル

アルミ・銅ケーブル
比較対応表

銅導体とアルミ導体では、導電率の違いにより、サイズUPが必要なため、通電容量に応じて、適切なサイズ選定を行ってください。

仕様書ダウンロード

アルミケーブル用
端子・端子台

圧縮端子
(当社ケーブルとの適合評価済製品の一例)

Panduit社製

サイズ範囲:60m㎡~325m㎡
仕様:圧縮端子
材質:アルミ+錫めっき

お問い合わせ先はこちら
技術的な質問はこちら

住電機器システム(株)社製

銅板を羽子板部に貼付け加工した
気密性を有する端子

サイズ範囲:60m㎡~325m㎡
仕様:圧縮端子
材質:アルミ+銅板+錫めっき

お問い合わせ先はこちら

アルミ導体用端子には、
専用工具が必要です。
Panduit社製の端子に必要な工具の一例

電動油圧式工具
CT-2931/ST

ダイス

ダイス

端子台 (一つ穴向け製品の一例)

めっき付きを推奨します。端子寸法・ボルトの長さが適合することをご確認ください。

(株)正興電機製作所社製

HC形端子台シリーズ
※一部のサイズはボルトの長さの変更が必要なため、専用の型式をご指定ください

お問い合わせ先はこちら

■アルミケーブルの接続に関して
アルミケーブルの接続に関しては、異種金属接触による電食、表面の酸化被膜、応力緩和等の課題がありますが、いずれも、正しい材料・手順・方法で施工すれば問題なく使用でき、海外や、国内電力会社殿などでは多くの実績があります。 取り扱い上の注意事項を守り、正しい方法で施工を行ってください。